このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 どっちが便利?クレジットカードと電子マネーを比較する

どっちが便利?クレジットカードと電子マネーを比較する

459view

2018.01.24

キャッシュレスで決済できるクレジットカードと電子マネー

現金いらずで決済できるキャッシュレス化が社会的に進行しています。キャッシュレス社会においてメインの決済手段として代表的なのがクレジットカードと電子マネーの2つです。この2種類はどちらも現金無しで買い物ができる決済手段でありカード本体も似たようなデザインです。クレジットカードと電子マネー、どちらがお得で便利なのでしょうか。

広く使えるクレジットカード

クレジットカードの特徴は利用できる場面が豊富で広く使えることです。日常の買い物だけでなくネットショッピングや公共料金の支払い、税金の納付までほぼすべての支払いをクレジットカードで決済できるといっても過言ではありません。現金いらずのキャッシュレス化を徹底するのならばいろいろなシーンで使えるクレジットカードは非常に便利です。

電子マネーは日常利用に向いている

クレジットカードに比べると電子マネーが使える場面は多くありません。対応状況は拡大しているものの長い歴史を持つクレジットカードに比べると圧倒的に少ないのが電子マネーの現状です。

しかし、電子マネーは日常の利用を中心に普及が進んでいるため買い物の決済手段としてや十分使える環境が整っています。コンビニやスーパー、量販店など多くの小売店が電子マネー決済に対応しているので普段の買い物に限定して十分な金額をチャージしておけばクレジットカードに劣らない利便性です。

審査の厳しいクレジットカード

クレジットカードを作るにはカード会社の審査を通過する必要があります。審査基準としては収入が重要なポイントになりますが、それ以上に注目すべきなのが年齢です。全てのクレジットカードは審査基準として18歳以上であることを条件にしています。18歳未満の人はクレジットカードを作れず、家族カードなど迂回的な手段を使わないとカードを持てません。

上限年齢を定めているクレジットカードは高齢であることも審査落ちの理由に含めているため、ある程度の資産と年金収入がある人でも高齢であるというだけで審査に通りにくくなってしまいます。持っていれば便利なクレジットカードですが、作るまでが大変なのがデメリットです。

誰でも使える電子マネー

クレジットカードが発行を申し込んだ際に行われる審査で落とされるリスクがあるのに対し、電子マネーでは審査は行われません。電子マネーカードや専用アプリを用意すれば年齢や収入にかかわらずだれでも使えます。

審査の有無は支払方法が大きな理由です。クレジットカードは信販会社が立て替え払いして後から利用代金を決済する後払い方式ですが、電子マネーは事前にチャージして使う先払い方式です。クレジットカードのように借り逃げや債務を踏み倒されるリスクが無いため電子マネーは審査なしで利用できます。

年齢制限も電子マネーにはありません。チャージさえすれば子どもから大人まで使えるのでクレジットカードを作れない学生や高齢者でも自由に使えます。

お得なのはクレジットカードと電子マネーの併用

クレジットカードと電子マネー、どちらを選ぶのが正しい選び方なのでしょうか?

結論からいうと「併用する」のが正解です。クレジットカードと電子マネーは似たような性質を持ちますがそれぞれにしかできないことや独自の強みを持っています。電子マネーをクレジットカードでチャージすることもできますし、サインで時間のかかるクレジットカードは高額の買い物に限定して小額決済はスムーズな電子マネーで支払えば無駄な時間をかけずスマートに買い物できます。

どちらか一方に絞るというのは賢い選び方ではありません。クレジットカード独自の特典や電子マネーの強みを併用すれば現金払いよりも大きなメリットが誕生します。それぞれの特徴を理解して上手に併用するとキャッシュレスをさらにお得に進められるでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る