このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 クレジットカードの審査・申し込み手続き必要な書類まとめ

クレジットカードの審査・申し込み手続き必要な書類まとめ

407view

2018.01.24

クレジットカードの審査・申込みに必要な書類リスト

身分証明書

クレジットカードを申し込んだのが本人であることを証明するために、名前・住所・年齢などを確認できる身分証明書を提出する必要があります。身分証明できる書類は、運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード・パスポート・発行されてから6ヶ月以内の住民票・住民基本台帳カード(写真付き)・外国人登録証(日本国籍ではない方の場合)です。

運転免許証の表と裏をコピーして提出するのが最も一般的ですが、運転免許証を持っていない方は別の書類でも申し込むことができます。健康保険証の場合は顔写真がないという理由で、電気料金やガス料金といった公共料金の領収書などが追加で必要になることもあります。ほかにも学生証や国際免許証など、氏名や住所が記載されている身分証明書はありますが、上記以外は認められないことが多いです。

クレジットカード利用代金の引き落とし口座

クレジットカードの利用代金は後日まとめて口座から引き落とされるので、引き落とし用の口座が必要です。銀行口座か郵便貯金口座を用意することになります。銀行口座の場合は都市銀行・地方銀行・信用金庫の口座は認められていますが、ジャパンネットバンクや楽天銀行などネット専用銀行の口座に対応していないクレジットカードもあるので事前に確認しておきましょう。

引き落とし口座の銀行印

引き落とし口座がクレジットカードを申し込んだのが本人のものであることを確認するために、引き落とし口座の銀行印も必要になります。銀行印として捺印したものが実際の銀行印と異なっていた場合は、審査で落とされてしまいます。最近では引き落とし口座の銀行印が不要のクレジットカードも増えてきたので、提出しなくても良い場合があります。

保護者の同意書

クレジットカードの申込者が未成年である場合は、保護者の同意書と印鑑が必要になります。

収入証明書

クレジットカードにキャッシング枠を設定する場合は、収入証明書も必要になります。クレジットカードには「ショッピング枠」と「キャッシング枠」というものがあります。ショッピング枠はショッピングで利用できる限度額のことで、キャッシング枠はお金を借りることができる限度額のことです。

キャッシング枠は法律によって年収の3分の1までに制限されているので、枠を決めるために年収を確認しなくてはなりません。そのために源泉徴収票や給料明細書などの収入証明書を提出します。

必要書類とクレジットカードの選び方

クレジットカードの審査・申込みに必要な書類は上記の通りですが、どのクレジットカードでも必要書類は同じというわけではなく、クレジットカードによって必要書類は変わるので注意が必要です。

特に身分証明書はクレジットカードによって、求められる書類が異なります。郵送で提出するだけでなく、インターネットで書類の画像をアップロードする方法もあります。

JCBカードはインターネット申込みで運転免許証番号を入力しておけば、カード配達時に運転免許証を確認することで本人確認できるので、運転免許証のコピーを提出しないで済みます。指定の金融機関口座を持っている場合も本人確認は完了しているとみなされて、身分証明書の提出が不要になります。どちらも身分証明書を提出しない分クレジットカード発行が早くなります。

Yahoo! JAPANカードのように身分証明書の提出が不要なクレジットカードもあります。Yahoo! JAPANカードは比較的審査基準が低いので、フリーターやパート勤務の方でも審査に通りやすいと言われています。

審査完了までのスピードにも関わってくるので、必要書類の種類や有無によってクレジットカードを選ぶのも一つの選び方です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る