このページの先頭です

当サイトについて

コラム一覧 カードの種類 始めたばかりでも大丈夫?バイトでも審査に通りやすいクレジットカード

始めたばかりでも大丈夫?バイトでも審査に通りやすいクレジットカード

1229view

2018.02.22

クレジットカードには審査がありますが、この審査で最も重要視されているのが返済能力です。

年収はもちろんですが、勤務が安定していることも審査では有利となります。
その点でパート・アルバイトや派遣社員といった非正規雇用はクレジットカード審査では不利だといえます。

しかし非正規雇用でも入会できるクレジットカードはたくさんあります。
パート・アルバイトでも入会できる理由や具体的なクレジットカードをご紹介しましょう。

一般カードの審査基準はそれほど厳しくない

ゴールドカード以上になると一定以上の年収や勤務年数が必要となりますが、一般カードは年収や勤務年数の制限はほとんどありません。
クレジットカード会社がカード会員に求めるのは、「毎月きちんと支払うこと」だけなのです。

クレジットカード審査では申込者の経済的な能力だけを審査します。
一般カードのカード利用枠では社会人として生活できる能力があれば、ほとんどの人が審査を通過すると思ってかまいません。

一般カードのカード利用枠は標準で30万円~50万円ですが、減額して10万円のカードも発行しています。
これは毎月10万円支払える能力が必要ということではなく、分割払いやリボ払いを利用して10万円を支払える能力があればいいということです。
リボ払いの最低支払金額は3,000円~5,000円程度なので、パート・アルバイトでも充分支払うことができます。

ただしすべての一般カードがパート・アルバイトでも入会できるわけではありません。
それを見分けるには申込するクレジットカードの入会基準と、カード利用枠を事前にチェックすることが必要です。

パート・アルバイトでも入会できるクレジットカードの見分け方

クレジットカードのホームページを確認すれば、入会基準が記載されているので最初にそれを確認しましょう。
「18歳以上(高校生を除く)で日本に居住、電話連絡が取れる方」といった表現であれば、特にパート・アルバイトの申込みを拒絶している内容ではありません。

しかし、「安定した継続収入がある方」という表現があれば、パート・アルバイトの申込みが難しい可能性があります。

もうひとつカード利用枠に注目すると審査基準の高さがある程度判断できます。
カード利用枠は申込者の返済能力によって個別に設定されるので、ある程度幅のある記述となっています。

例えば、10万円~100万円、30万円~100万円といった記載があるとします。
パート・アルバイトでも申込可能なのは明らかに前者だと判断できるでしょう。
10万という利用枠はパート・アルバイト、専業主婦・学生のために設定された利用枠と考えていいでしょう。
少なくても最低利用枠が30万円のクレジットカードに申込むよりは、審査通過率が高いのは確かです。

審査を通過しやすくする方法

審査を通りやすくするために虚偽の申告をすると、かえって却下率を高めることになります。
年収や勤務年数を水増ししても、クレジットカード会社の過去のデータや在籍確認などで発覚する可能性が高いのです。
クレジットカード申込書は事実に基づいた正確な数字を記載しましょう。

ただし年収に関しては手取り金額ではなく、税金や社会保険料が差し引かれる前の支給額に基づいて記載しましょう。
給与所得者の場合は所得金額ではなく収入金額を記載するのが正しいからです。

また、過去に正常完済したクレジット利用歴(クレジットヒストリー)があると、審査では有利になります。
クレジットカードだけではなくショッピングクレジットや融資の利用もクレジットヒストリーになります。
余裕があれば審査が通りやすいショッピングクレジットを何回か利用して、きちんと完済してから申込むといいでしょう。

パート・アルバイトでも申込できるおすすめのクレジットカード

それでは具体的にパート・アルバイトでも申込可能なクレジットカードをご紹介しましょう。

楽天カード

年会費無料で楽天スーパーポイントが貯まる人気のクレジットカードです。
入会のしやすさでも有名で、パート・アルバイトでも申込みが可能です。
年会費無料でも海外旅行傷害保険が付帯され、楽天市場ではポイント最低でも4%貯まるというメリットがありおすすめです。
楽天カードに関する詳しい情報はコチラ

JCB EIT

銀行系クレジットカードは審査が厳しいというイメージがありますが、JCB EITは若年層向けで入会しやすいのが特長です。
海外旅行傷害保険が自動付帯されているのもメリットのひとつです。
ただしリボ専用カードなので計画的に利用しないと手数料負担が大きくなるのがデメリットです。

ライフカード

海外旅行傷害保険が必要なければ年会費無料でき、ポイントも貯まりやすいのがライフカードです。
信販系カードで入会しやすいほかに、誕生月ポイント5倍や年間50万円以上の利用でボーナスポイントや次年度のポイント付与もアップします。

エポスカード

マルイが発行するエポスカードも年会費無料で入会しやすいクレジットカードです。
海外旅行傷害保険も自動付帯されているほか、マルイの店舗が近ければ即日発行も可能というメリットもあります。

アコムACマスターカード

消費者金融会社で唯一発行されているクレジットカードが、アコムACマスターカードです。
入会しやすさではトップクラスですが、ポイントサービスや付帯サービスがないのがデメリットです。
どうしてもクレジットカード審査に落ちてしまうという人は、このカードを利用して良好なクレジットヒストリーを作りましょう。
それから自分が欲しいカードに申込するという方法もあります。

まとめ

パート・アルバイトでも十分クレジットカードを作れる可能性があることがお分かりいただけたでしょうか?
最初は10万円のカード利用枠でも、長く利用して延滞もしなければ増枠の可能性もあります。
まずはおすすめのクレジットカードの中からひとつ申込んでみましょう。
そしてクレジットカードが発行されてからは、返済をきちんとするということも忘れずに信用を積み重ねましょう。
それがさらに欲しいクレジットカードを作るときに役に立ちます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る